このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の12月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年12月号(第55巻12号)

トランペットフラワー

 花びらの先端が弓形にそっくり返って、あたかもトランペットのような形をしているのでこの名があるのだろう。夢の島熱帯植物園に行ったとき、この植物の名がブルグマンシア ウエルシコロル(Brugmansia)、ナス科、エクアドル原産で、夜強い香りを放つ。咲き始めはクリーム色で、次第に色づくと紹介されていた。また神代植物公園の温室では、ダチュラ コルニゲラ(Datula cornigera Hook)なす科となっていた。
 この絵を描いたのは、冬の寒い日に、新宿御苑の温室に行ったときであった。いろいろ見所があったが、特に眼を引いたのがこのトランペットフラワーであった。ものすごく大きく成長し、棚の上に幾本も太い枝を伸ばし、それに見事な花がぶら下がって咲いているのは実に壮観であった。一つ一つの花が、まるで天女が舞っているような、あるいはバレリーナが踊っているような、面白い形をしていて見飽きないが、それが天井一杯に広がっていて、絵に描いていてとても楽しかった。
 スケッチを終え、温室の外に出ると、初めのうちは温室の中の暖かさが身に残っていてよかったが、外の景色を描いているうちに、フェルトペンを持つ手がかじかんできた。御苑の外の喫茶店に入り、温かい紅茶茶碗を手にとり暖めながら飲んだ紅茶のおいしかったこと、それを文にして書き加えた。
 さて、これで私の水墨画の12ヵ月が終わりになった。2年間皆様に私が趣味にして描いてきた絵を毎号表紙でご覧頂き、本当に有難うございました。お世話になった編集担当の方々に心から御礼申し上げます。皆様ご機嫌よろしゅう。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

臨床検査のグローバル化と日本の豊かさ

東海大学医学部 基盤診療学系臨床検査学 教授 宮地 勇人

日本は今後も先進国として存続していけるのだろうか?そんな疑問が愚問でなくなってきた。
 国の豊かさの指標は国民総生産GDPで表される。日本のGDPは世界第2位となって久しい。日本は近代産業を発展させる上で、国土が狭く、資源に乏しいなど様々な不利な環境にあった。その逆境が国際競争力につながった。すなわち、輸入した資源を国内で加工して付加価値をつけ、良質の製品を輸出することに努めた。これが国際競争力の源となり、GDPが増加し、国として発展して来た。その結果、日本円の価値は高まった。その御陰で、誰でも気軽に海外旅行に行くことができ、また海外から物を安く輸入できる。
 その豊かさの享受が永遠に続くと信じられて来た日本の背景が崩れ始めている。少子高齢化社会を迎えた日本は、生産人口の減少によりGDPが減少していく。日本のGDPは年内にも中国に抜かれようとしている。経済産業活動のグローバル化の中、経済成長を支えて来た中小企業の活力は低下し、また全体を牽引して来た主要産業の自動車、機械、電気の何れも厳しい局面を迎えている。国家財政も赤字が増大し、借金(債務残高)が、一般会計税収の10年分相当、またはGDPの1.8倍と急速に悪化し、主要先進国の中で最悪の水準である。この状況が続くと、日本の国力とともに、日本円の価値は下がり、その結果、プラザ合意以前の1ドル360円の時代が来る懸念も指摘されている。食料や石油製品をはじめ輸入品目の価格が高騰し、日常生活も厳しくなる。海外旅行は、一部の富裕層を除き、一般国民には困難となる。
 日本が国力を維持または高揚するには、産業の競争力醸成が必要である。しかしながら、今後の日本が独自の産業を育成し、再び国際競争力を高めるための成長戦略は限られる。世界でいち早く少子高齢化社会を迎えた日本の逆境は、一方で、新たに産業を育成し、国際競争力を高めるチャンスでもある。高齢者は医療や介護を必要とし、そこには多くのニーズがある。その需要を捉えることは新たな産業を育成する絶好の機会である。医療は、診断薬、治療薬、医療機器など関連産業の裾野が広く、産業育成の期待効果は大きい。人工多能性幹(iPS)細胞技術をはじめ再生医療で先進的な技術が開発されている日本では、新たなバイオビジネスとの相乗効果も期待される。急速に高齢化社会を迎えると予想される中国という巨大な市場も地理的に近い。
 海外では、日本と異なり、医療サービスは産業と位置づけられ、国家が関連産業の育成に力を入れている。その違いを私が実感するようになったのは、臨床検査と体外診断検査システムの質的な向上を図るための国際的な技術委員会であるISO/TC212委員会に日本代表団の一員として参加し始めてからである。国際的な標準化の規格内容は、関連する医療製品の国際競争力を左右する。したがって、ISO/TC212委員会への参加と議論は、臨床検査の標準化活動を通して、臨床検査や医療関連の産業のグローバル対応さらには国際競争力の向上に寄与しうる。これら活動が、医療の質向上とともに、日本の活力や豊かさにつながることを望んでいる。

○本年も『モダンメディア』にご支援をたまわり、有り難うございました。なにとぞ今後とも変わらぬご愛顧をたまわりますようお願い申し上げます。
○古くより受け継がれているものにはそれなりの理由があると感じる。慣用句もそんな一つだ。慣用句は誰もが知っている単語を繋げた比喩であり、自分が経験した状況を、聞く者・読む者に一瞬にして伝えることができる。また、慣用句と区別がつきにくいが、先人からの格言や教訓である諺のほうは、毎日の生活の励みとなり、人や物に対する感謝を教え、いつもわれわれの隣り合わせにある失敗を食い止め、あるいは一寸皮肉な言い回しで起こってしまった失敗を忘れさせないようにさせてくれている。何れも長い年月を経てもなお私たちに共感を呼ぶ優れた文化である。
 しかし長年続いているせいでいつの間にか誤りが生じ、それがさも正しいように使われているものも少なくない。最近ではこれを取り上げたクイズも多く見られるが、それによると「的を射る(○)」が「的を得る(×)」、「うろ覚え(○)」が「うる覚え(×)」、「采配をふる(○)」が「采配をふるう(×)」などが誤りの代表選手らしい。中でも面白かったのは「海の藻屑(○)」が「海のモズク(×)」、「枯れ木も山の賑わい(○)」が「瓦礫も山の賑わい(×)」で、これらの誤りは微笑ましくすら思える。一方、「濡れ手で粟(○)」が「濡れ手で泡(×)」、「右へ倣え(○)」が「右へ習え(×)」などの漢字の間違いも多いようである。
 言葉に関わる仕事をしているのにお恥ずかしい話だが、私自身は「虎の威を借る狐」を「虎の衣を借る狐」と長い間思い込んでいた。これも読み書きをする機会が少なくなっていることが原因だろうか、はたまた探究心が薄れ何でもすぐに受け入れているせいだろうか。
 深く反省し、気を引き締めて頑張ります。来年度もよろしくお願いいたします。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます