このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の11月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年11月号(第55巻11号)

メタセコイアの紅葉

 日本の秋は紅葉で彩られる。1年を通して何回も出かける神代植物公園であり、もう15年ほど前から毎年のように出かけているが、こんなに豪勢なメタセコイアの紅葉を見たのは平成18年がはじめてであった。100万年前の化石の木であるというメタセコイアは、背が高く、澄んだ初冬の青空にそそり立っている。それが池の傍で林になっており、一斉に黄色、褐色、紅色に紅葉し、しかも一本一本、木によって多少紅葉の程度が異なるので、微妙な色合いを織り成している。林の地面は、黄色の落ち葉が落ち敷いて黄色の絨毯となっている。すぐ傍の池に紅葉の木々が映って、美しい光景が2重に鑑賞できる。
 普通水墨画というと、墨を磨り墨一色で描きあげることが多いが、これはスケッチと同時に撮ってきた写真を傍において、先ず絵皿に黄、茶、褐色、赤、の色を溶き、それを太い筆にとって、大きい全紙の和紙に存分に塗った。これほど多くの色を使った墨絵は今まで描いたことがなかった。彩墨画の名が古くからあるが、さすがに紅葉を墨だけで描くのは至難の業である。
 昨年もう一度このメタセコイアの紅葉を見たいと思って出かけた。11月中旬に行ったときは、まだ大部分が緑の葉であり、そのすぐ隣にあるヌマスギの林は黄褐色に紅葉していた。こちらは木の背が幾分低く、一本一本の木の間隔が広いせいかメタセコイアの林ほどの壮観さがない。もう一度12月初頭に出かけたときは、メタセコイアの紅葉はもう盛りを少し過ぎていた。ほんとうの見ごろは1週間か10日くらいしかないことをあらためて認識した。
 この絵は掛け軸にし、平成19年銀座清月堂画廊で開かれた向陵絵の会展に出した。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

自問自答

杏林大学保健学部免疫学研究室 田口 晴彦

第13 回Van Cliburn国際ピアノコンクールで辻井伸行さんが優勝したとの吉報が飛び込んできた。日本人が、また、全盲のピアニストが優勝したことは初めての快挙だそうだ。このコンクールは、アメリカの生んだ国民的音楽家であるVan Cliburnを記念して創設された国際ピアノコンクールであり、1962年の第1回以来、多くの奏者を輩出している。ピアノに特化したコンクールとしてはワルシャワのショパンコンクールと双璧をなし、優勝者には賞金だけではなく3年間に及ぶアメリカ国内のコンサート契約を用意するなど、優勝者のさらなる育成に配慮されたコンクールである。
 辻井さんは、優勝後の会見で、「とにかく自分の力が出し切れたので幸せです。お客さんが感動してくれたことが一番うれしい。障害者というよりも一人のピアニストとして聴いてくれた手応えがあったので、それがとてもうれしい。」と喜びを語っていた。音大生でありながら演奏家として素直に喜びを話す姿には、周囲の者を引きつける魅力が感じられた。
 今、大学には中学・高校と「ゆとり教育」を受けた学生が入学してきている。その是非はともかく、近年の大学生は、一般に、基礎学力とコミュニケーション能力が低下していると感じる。入学後、授業内容が理解できず、教員の言っている意味がわからない学生が少なくない。また、話題に知的刺激を含ませ、議論をおもしろくする能力に乏しい学生が多い。授業終了後、「自分は学生の探求心を刺激する授業をしているのだろうか?」「知識の伝達に力を集中させていないだろうか?」と、自然に自問している。
 前述した辻井さんも「ゆとり教育」を受けた世代であるが、その所作は一般的な大学生から傑出している。この両者の差はなぜ生じるのであろうか?ともあれ、どのような学生が入学しようと専門的な事柄を伝達することに終始せず、「○○論」として学生が刺激される講義を組み立てたいものである。教える側の教養が試されている。

○寒い季節になった。寒さへの対策として、人はこれまで多種多様な方法で暖をとってきた。その中で古来より変わらない方法は焚き火であろうか。人類が火を利用した最古の痕跡は、およそ150万年前の遺跡から見つかった火の跡だそうである。旧石器時代には、山火事や落雷などの自然発生的な火を住居である岩陰や洞穴に持ち帰り、枯葉や枝で火を保持して焚き火をしては、明かり、食物に火を通す、動物よけ、石器作りや暖を取ることを目的として利用していたとされる。
 焚き火はやがて炉となり囲炉裏となり竈となった。また一方で、個別に暖をとれる道具として、火鉢、湯たんぽ、あんか、懐炉などが作られた。布団に入れて足を暖めるあんかは炬燵の原点であり、またあんかを小型にしたものが懐炉である。
○古くからの暖房器具で語源を調べると面白いものがある。例えば“行火(あんか)”。「行」という字は旅行などで歩き回ることを示す字であるので、行火とは、他の場所に持ち運べるようにした火という意味である。また、湯たんぽは“湯湯婆(ゆたんぽ)”と書かれるのだが、“婆”は“妻”を意味しており、妻に代わって湯が温めてくれるというわけである。そうであれば、金属性湯たんぽの表面の凹みはもしやあばら骨を模ったものかと思ったところ、蛇腹状にすることで湯の温度とともに低下する圧力の変化によるへこみを防ぎ、さらに表面積を広げることで温熱効果を高めているそうである。中国では“湯婆”のみで湯たんぽを示すが、わが国ではどういうわけか頭にもう一つ“湯”の字がついている。犬公方と呼ばれた徳川綱吉は、陶製で犬型の湯たんぽを使っていたそうだが、これだけは特別に“湯湯犬”とするほうが妥当かも知れない。
○古くは囲炉裏を囲み座る位置は身分で決められていたそうである。恐らくこれにより人との結びつきや自分の立場が明確にされ、相互扶助の気持ちが強められたのではないかと思う。また、一人でも多く暖を取れるように席を譲ることで、自ずと思いやりの精神も育まれてきたに違いない。一人ひとりの生活が多様化し、時間に追われる現代では、総じて大人数で利用する物よりも一人用の物の方が珍重されるように感じる。多彩に用意されたコンパクトで持ち運び便利な一人用暖房器具も魅力だが、体はもとより心まで温まれる囲炉裏に集う精神が置き去りにされがちなのは淋しい限りである。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索