このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の10月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年10月号(第55巻10号)

奈良公園

 東京に住んでいて関西に行く機会があると、つい京都や奈良の雰囲気につられ、空いた時間があると訪れてみたくなる。京都で学会があり、それが終わって緊張から開放されると、特に身も心も軽くなる。今度は奈良に行ってみようと、近鉄京都駅から特急に乗り30分で奈良駅に着く。途中沿線の風景もよい。今度は、思い切り自分の足で奈良を歩き、古都の空気を味わうことにした。
 駅から歩いて10分で奈良町、ここは16世紀に花開いた町民文化が基礎になっており、格子造りの家が並び、歩いていて100年はタイムスリップしたような良い風情が残っている。歩いているうちに、旅の案内書に紹介されている今西家書院に着く。日本最古の書院建築だというので立ち寄り、庭に面した書院で抹茶を頂きながら庭を見せてもらった。一流のものを見せてもらった後は、いっそういい気持ちになる。
 県庁の奥にある奈良県立美術館をざっと見た後、足をのばし、まえから一度中に入ってみたいと思っていた奈良国立博物館に入った。各時代の仏教彫刻や仏教絵画がたくさん展示されており、仏教美術の粋が集められている。いろいろと教わることが多い。
 本館と新館とがあり、それぞれに実に多くの部屋があるので、一度に見ようとすると疲れてしまう。本館から新館に移動するとき、博物館の周りの奈良公園の景色が見られ、とても息抜きになった。
 博物館の見物を終え、外に出て深呼吸をし、周りの奈良公園を眺めた。辺りの風景はいかにも奈良を思わせる感じがし、それをスケッチした。古い松の形がよい。少し離れたところにある林もよい。家に帰って墨絵にしたのがこれである。鹿を描き加えたら一層奈良らしい絵になった。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

かまどの想い出

山形県健康福祉部次長(兼)衛生研究所長 阿彦 忠之

お盆に実家へ帰った時、私はいつも勝手口から入ります。玄関に鍵がかかっていても、勝手知る親族にとっては容易に家に入れるからですが、理由はもう一つ。そこに懐かしい竃(かまど)があるからです。

それはレンガ造りの竈で、ご飯を炊く羽釜と家畜の餌を煮るための大鍋を並列で使っていました。焚き付けには、近くの黒松林で集めた枯葉(マツバ)が重宝しました。小学生の頃は、羽釜の底にできた「おこげ」を食べたい一心で、朝のご飯炊きだけは手伝いました。すぐ隣の大鍋では、豚の餌を煮ていました。秋には「くず芋(サツマイモのくず)」を煮ていましたが、豚にやるのが勿体無いほどの美味しさでした。

黒松の砂防林では、きのこが沢山採れました。最も美味しいきのこ(フウセンタケの仲間)を、地元ではボクリョウ(木霊?)と呼んでいました。秋には授業の一環で、マツボックリ(小学校の石炭ストーブの焚き付け用)を集めながら、きのこ採りができたのですから、いい時代でした。

しかし、くず芋や残飯が豚の餌として使われなくなり、電気炊飯器や石油ストーブなどが普及し始めると、マツバやマツボックリが不要となり、林の掃除も疎かとなりました。これに木の神様が怒ってか?きのこはめっきり採れなくなり、砂防林も衰退しました。

子どもの頃に竈と聞けば、おいしい「おこげ」や「くず芋」の恩恵しか頭にありませんでした。しかし、今になって振り返ると農家の竈は、おいしいご飯を炊くだけでなく、出荷できない野菜を捨てずにうまく利用したり、松林などの環境とその恵みを守るという環境・循環型社会の構築に重要な役割を果たしていたのだと感心しております。最近はリサイクル運動が盛んですが、ペットボトルの回収後処理などの実態をみればわかるように、見せかけだけで、本当の意味での環境・循環型の取り組みは少ないです。もう昔には戻れませんが、今日も朝ご飯を食べながら、「竈の想い出」を環境教育や食育などの教材として使えないか・・・と考えたところです。

○最近、石に宿る神秘の力に期待して、貴石や宝石のなかでもとくに力を持つとされるさまざまな石を使ったアクセサリーや小物の人気が高騰している。
 ブームにかなりの遅れをとっていた私も友人に連れられ、ついに石の小物を作っている店にお邪魔した。軽い気持ちで店に入ると思いがけず崇高な雰囲気。いつものおしゃべりもおのずとはばかられ、おとなしく席に着いた。
 細かい仕切りのついた幾つかのアクリルケースに、赤・青・白・黒などの系列で整然と色分けされた色とりどりの石が大小取り揃えられ、その種類の豊富さに目をみはった。こんなに種類があっては何をどうして良いのか全く分からない。狼狽する私に気づいてか接客の女性が、金運・恋愛運・仕事運・健康運など目的に合った石を選ぶ方法や、自然と心惹かれる石は潜在的に今の自分が必要としていることなどを教えてくれ、呪術的な空気が立ち込める。
 結局のところミーハーな我らは、好きな色の石をひたすら繋げて可愛らしい腕輪を作り自己満足。その後のケアについてはよくあるアクセサリーと同様かと思いきや、石は暫く装着していると邪気などを吸収して疲労するので時には浄化が必要とのこと。店に入った時に接客の女性が慌ててトレイで火を消したのは隠れ煙草だと思っていたところ、実は乾燥セージの葉であった。古く儀式でも用いられたというセージの煙には強い浄化作用があるのだそうだ。他に月光や塩による浄化方法もあるとのこと。
 店に入ったときから、背後にある巨大な水晶の塊は何かと思っていたところ、その上に置いておいても石の浄化ができるのだとか。友人に、私ごとまるまるその上に乗ったほうが良い、と冷やかされながら店を後にした。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます