このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の1月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年1月号(第55巻1号)

大宮八幡宮の神木「大公孫樹」

 自分が絵に興味を持つと、絵の仲間ができる。毎年秋に、昔の旧制高校の絵の愛好者がそれぞれ絵を持ち寄って、銀座で展覧会をやっているのに数年前から仲間入りさせてもらった。この絵は、平成18年のその展覧会に出したもので、私が住んでいる杉並区に古くからある大宮八幡宮の神木の大公孫樹を描いたものである。
 かつてアメリカに留学したとき、アメリカの歴史は浅いが、古い歴史的建造物を大事に保存しているのに感心した。また大きい木の保存もそうである。留学したニューイングランドにはエルム(楡)があり、西海岸サンフランシスコの近くにはレッドウッドの大木の林があった。日本では、大きい木は神社や仏閣にしか見られなくなった。街中の公孫樹の並木は、東京でも神宮外苑や東大構内にあって秋の紅葉がいいが、手入れのし過ぎで枝が切られている。
 その点大宮八幡宮の神木となると、根元の幹には注連縄がかけてあり、枝が四方に伸びるだけのばしたままにしてあり壮観である。門を入ってすぐのところに左右一対あり、めおといちょう(夫婦公孫樹)と呼ばれている。ほかにも公孫樹の大木が門の内外にあるが、神木に指定された2本の大木の枝ぶりはずば抜けてよい。
 一般に大木の冬の姿は、晴れ渡った青空に幹と枝が見事な姿を現し、見ていてほれぼれする。よくスケッチに出かける神代植物公園でも、冬のユリの大木や欅、桜などの大木は、自然が創り出した造形美の最たるもので、何度も墨絵に描こうと挑戦した。
 大宮八幡宮の紹介をすると、源頼義が後冷泉天皇の命を受け奥州平定に出かけて成功したとき、八幡大神の守護のお蔭と感謝し、1063年に京都の八幡神社より分霊をいただきこの神社を創建したという。井の頭線西永福駅で下車し、歩いて7分、厄除、開運、縁結び、安産、子育てのご利益がある。私の初詣の神社の筆頭である。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

みちしるべ

慶應義塾大学 名誉教授 佐々木 正五

気が付いたら90歳を越えていたので、思い出すことも皆遠い昔のことばかりである。私がまだ幼い頃の正月、ふと目がさめると台所のほうで朝食を作っている様子だが、いつもと違う音がする。聞き耳を立てると、唄声も聞こえる。
 “七草なずな、唐土(とうど)の鳥が、日本の国に、わたらぬうちに――――”という唄が素朴な節回しで歌われている。
 台所では俎板の上の菜っ葉を包丁で叩き、調子をとりつつ七草かゆを作っているようだ。危やふやな、私の記憶を辿れば、中国大陸にもそのような風習があって、1月7日(或いは6日夜)に七草かゆを食べる。わが国でも将軍が食べたといわれる。然しながら、七草の種類は地方によって色々で、なずなだけのところ、せりとたらのきのところ、或いは人参、ごぼう、大根の入る所もあるらしい。
 それはそれで良いが、大陸から鳥が悪疫瘴癘を日本の国に運んで来るので、それが来ないうちに十分に栄養を取って、体力をつけておこうという思想があったようだが、何か根拠があったのであろうか?
 近年インフルエンザ等の流行に鳥の介在が予測されているが、遠い昔にこれと似た推測が一般化されていたのであろおか?単に想像であるならば、古くは老子(BC510年)の書物に面白い記載がある。“むかし北の海から一羽の大きな鳥が天高く舞い上がり、下を見ると地球が青く見えた”とある。これも宇宙飛行士が実証するまでは単なる想像であったが、何か証拠があったのだろうか?
 近頃はEBMが流行っている。勿論Evidence Based Medicineのことで、結構なことだが、このEがECONOMYに傾いてい過ぎはしないか。一体証拠とは何をもって証拠とするのか?例えば薬が効いたと言うのは、病が根治したことか、死期が延長したことか、自覚症状が軽快したことか、或いは危篤と聞いて、田舎から駆けつけてきた人が死に目に間に合った薬のことなのか。
 世相の乱れを感ずるまま、迷いの人生を手探りで歩いてきたら、丁度一本の“道しるべ”があった。覗いてみると

卒壽超え 右 痴呆道 左 墓道

○冬の風物詩・日本の雪だるまに対して欧米にはスノーマンがある。この二つは一見同じように見えるのだが、実は大きな違いがある。日本の雪だるまはその名のとおり達磨に似せたもの、欧米のスノーマンのほうは人に似せたものなのである。その証拠に、雪だるまは頭と胴体の2つの雪の球から成りずんぐりむっくりの形をしているが、スノーマンは頭、胴体と足を模す3つの雪の球から成りスマートな形をしている。雪だるまに腕はないが、スノーマンのほうは腕に見立てて木の枝を刺してあったり、マフラーが巻かれているのも納得である。最近は雪だるまとスノーマンを合体させたような雪だるまも見られるが。
 インターネットを見ていたら、北海道からの雪だるまの通信販売をみつけた。雪だるま型のパックに詰められた雪(本体)を取り出し、目や鼻のパーツを付けると完成というもの。雪の降らない九州や沖縄でも冷凍の宅配便で運べ、受け取り可能とある。目を付けられた途端南の国に居るのでは、雪だるまのほうはさぞや驚くに違いない。
○暖冬で、東京ではまとまった雪が降っていない。したがって、雪が降ると近所のあちこちで見られるユニークな雪だるま達にもまだ一度もお目にかかっていない。
 ラフカディオ・ハーンの『雪女』のモデルとなった雪女伝説の地は東京都調布村(現・青梅市)という話だが、東京では現在はまとまった雪などめったにお目にかかれない。たった100年の間にも気象は大きく変わってしまったのか。この先の100年を考えると背筋が寒くなる思いである。
○昨年も本誌にあたたかいご支援をたまわり、誠に有り難うございました。今年も編集室一同一層の努力をいたしてまいります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索