このページは、ホームの中の株主・投資家向け情報の中の社長メッセージの中のコーポレート・ガバナンスのページです。

コーポレート・ガバナンス

経営の機能性と監督機能を高め、企業価値の向上をめざしています。

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社のコーポレートガバナンスの考え方は、経営理念、経営ビジョン、モットーを基本としております。
□経営理念
ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります。
□経営ビジョン
EIKENグループは、人々の健康を守るため、検査のパイオニアとしてお客様に信頼される製品・サービスを提供し、企業価値の向上を図ります。
□モットー
品質で信頼され、技術で発展する"EIKEN"


当社は、経営の健全化、迅速化及び透明性を高め、企業価値の向上を図るためにも、株主の視点を重視したコーポレートガバナンスの充実を経営の重要課題の一つと認識し、その取り組みを行っております。
そのため当社は、指名委員会等設置会社の体制を採用しており、経営の業務執行機能と監督機能を分離しております。
経営の基本方針に係わる重要事項については、取締役会の審議を経て決定し、業務執行については、社内規則・規程に基づき、適正な指示命令系統のもと迅速かつ円滑に行っております

なお、コーポレートガバナンス・コードの導入に伴い、ガバナンスコードに基づく開示を「コーポレートガバナンス報告書」にて公表いたしました。

 ◆社外取締役の独立性に関する基準(68KB)

 ◆コーポレートガバナンス報告書(2018年6月27日更新)(94KB)




コーポレート・ガバナンスの体制

コーポレート・ガバナンスの体制